トップアスリート直伝の筋トレのやり方を伝授!

トップアスリート直伝の筋トレのやり方を伝授!

己の限界を目指す!

自分がどこまで進化できるのかを追求し続けるトップアスリート達。

 

人知を超えたとも言える運動能力の高さを持っているのと同時に、その肉体も凄いことになっています。

『トップアスリートは、どんな筋トレをしているだ!!?』と気になる人は少なくないでしょう。

 

そんなトップアスリートたちの筋トレ方法について今回はお伝えしているので、あなたもレベルアップをする際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

高みを目指す!

トップアスリート直伝の筋トレのやり方を伝授!

恐らく、筋トレを始めとして普段からワークアウトを行っている人の多くは自分がどこまで成長出来るのかを追求している人が多いことでしょう。

単純に筋トレをするのが目的ではなく、肉体を進化させる。

 

こういった目標を持っていないければ、筋トレとかは続きませんから。

あなたは筋トレをする時は

  • 肉体を進化させる
  • 運動能力の向上させる
  • 体をたくましくさせる

こういった目的があるのではないでしょうか?

 

そして、筋トレを行う時は『自分もああいう体になりたい!』という目標の人物がいると思います。

きっと、多くの人がトップアスリートの誰かを目標にしているのではないでしょうか?

 

トップアスリートは普通では考えられないような能力を持っていますが、それはきっと鍛え抜かれた肉体から生み出されるエネルギーのでしょう。

そうなると、一体どんな筋トレをしているのか知りたくなりますよね。

 

そもそもトップアスリートとは?

考える

トップアスリートの定義は非常に難しいのですが、基本的にはその競技で最高水準の実力を持っている選手と定義づけられています。

 

でも、ただ実力があるだけではトップアスリートと呼ぶことが出来ません。

スポーツを通じて社会貢献もできる人格を持ち合わせている必要があるといえるでしょう。

 

競技の実力と人格の両方を備えた人こそ真のトップアスリートと呼べるのではないでしょうか。

陸上短距離のウサインボルト選手は陸上競技で得たお金を使って、多額の寄付をしていることで有名です。

 

なにもこれは、ウサインボルト選手に限った話ではなく他にもたくさんのトップアスリート達がスポーツを通じた社会貢献をしています。

また、寄付ではなくてボランティアに參加するトップアスリートもいます。

 

実力もある上に、こういった社会貢献もできる人間って本当の意味でかっこいいですよね。

トップアスリートと一般人の筋肉の違いとは?

トップアスリート直伝の筋トレのやり方を伝授!

トップアスリートと一般人では筋肉の質に大きな違いがあることは言うまでもありません。

でも、一体何が違うというのか・・・。

 

ズバリ、筋肉の柔軟性です。

筋肉には柔らかさがあって硬い時もあれば、柔らかくほぐれていることも有りますよね。

 

そして、トップアスリートになればなるほど筋肉は柔らかい事が多いと言われています。

柔らかい筋肉は質の高い筋肉と呼ばれ高いパフォーマンスを発揮することが出来ます。

 

なにもこれは、生まれ持った素質ではなくてトレーニング次第で柔らかい筋肉にも硬い筋肉にもなるんです。

もし、あなたの筋肉が固い場合はトレーニングに問題があるかもしれません。

 

硬い筋肉になる理由

筋肉は元々柔らかい性質を持っているのですが、トレーニングを積んでいる間に筋肉中の酸素量が減ってしまったり疲労物質が貯まることでどんどん硬くなっていきます。

つまり、あなたの筋肉が硬い場合は体質ではなくケア不足ということになります。

 

トップアスリートは常に体を酷使していますがケアをしっかりとすることで柔らかい筋肉を維持しています。

そのため、あなたもトップアスリートのような筋肉を目指す場合はケアをすることを忘れないようにしましょう。

 

管理人ハル

管理人ハル
トレーニングを積んでいるだけでは駄目ってことなんですね。

 

トップアスリートが筋トレを行う理由とは?

トップアスリートが筋トレを取り入れている理由は主に2つ。

  1. パフォーマンスの向上
  2. 故障の予防

この2つとなります。

 

パフォーマンスの向上

筋トレをすることで、筋肉をタフにすることが出来ます。

 

そして、筋トレを行うのは

  • 筋持久力の増加
  • 筋出力の向上
  • 筋肥大

こういった目的があります。

 

競技やその人の体によって変わりますが、いずれにしてもパフォーマンスの向上を狙っています。

 

特に重要となるのが筋出力です。

筋出力が弱いと、筋肉がついていても力を発揮することが出来ないので、筋肉はただの重りとなってしまい意味が無くなってしまいます。

 

逆に筋出力を高めることができれば、同じ筋肉量でよりパワーを生み出すことが出来るので体重を増やすこと無くパフォーマンスの向上を期待できます。

 

あなたが筋トレを行う場合は何を目的としているのかを明確にしておくことで、更に集中して筋トレに取り組むことが出来るでしょう。

 

故障の予防

筋トレをして筋肉を強くすることで故障を予防する目的でも取り組まれます。

トップアスリートであっても、体の弱点は必ず存在するので放置していると体のバランスが悪くなってしまい過剰な負担がかかってしまい故障に繋がってしまいます。

 

そのため、筋トレを行うことで筋肉を全体的に強くして故障の予防を狙うんです。

 

筋トレが不要と思われている陸上長距離ですが、長距離トラック種目王者のモハメド・ファラー選手が所属するオレゴンプロジェクトは積極的に筋トレを行うことで故障の予防に取り組んでいることで有名です。

トップアスリートは食事にも気を使う!

トップアスリート直伝の筋トレのやり方を伝授!

トップアスリートがあそこまでの肉体を手に入れることができているのはトレーニングだけではありません。

筋肉を成長させるためにはトレーニングと合わせて栄養が大切です。

 

そのため、トレーニングをしているだけではトップアスリートのような肉体に近づくことは出来ません。

何をどのくらい食べたら良いのかは人によって違うので一概に言うことは出来ませんが、栄養バランスを考えてしっかりと食事をしなければいけません。

 

食事に気をつけることで大きなメリットがあるので、あなたも筋トレだけではなく食事に気をつけてみてはいかがでしょうか?

 

メリット①疲労回復を促進

筋トレで傷ついた筋肉は素早く回復させる必要があります。

 

肉体を成長させるためにはトレーニングをする必要がありますが、リカバリーに何日も時間がかかっていてはトレーニング頻度が減ってしまい思うように刺激をあたえることができません。

 

そこで、食事で必要な栄養素を補ってあげることで素早く筋肉を回復させることが出来て次のトレーニングを行うことが出来るんです。

トレーニング頻度が増えればそれだけ体を進化させるチャンスが多くなるるということですよね。

 

メリット②怪我の予防

肉体を酷使し続けているといつかは故障をしてしまう可能性があります。

特に、トレーニングのレベルが上がればあがるほど怪我のリスクは高まります。

 

リスクを最小限に留めるためにも食事から栄養素をしっかりと摂取する必要があります。

また、栄養をしっかりと摂ることでオーバートレーニングの回避にもつながります。

 

メリット③筋肉が成長しやすい

筋肉に一番大切な栄養素はもちろんタンパク質ですが、タンパク質を摂取するのと同時にビタミンやミネラルを摂ることでタンパク質の代謝がよくなり、筋肉への吸収率が高まります。

 

その結果、筋肉がより成長しやすくなります。

トレーニングをしているだけだと、筋肉は消耗していくだけなので思うように筋肉は成長しないばかりか逆に弱くなってしまうことになりかねません。

 

そのため、トレーニングをしたからこそしっかりとバランスの良い食事を摂ることが大切です。

 

管理人ハル

管理人ハル
肉体を成長させるためにも食事はしっかりと摂りましょう!

トップアスリート直伝の筋トレのやり方!

トップアスリートたちはが一体どんな筋トレをしているのか。

競技毎に重点的に鍛える部分が違いますが、しっかりと筋トレをしていることは共通しています。

 

ウサインボルト

人類最速の男、ウサインボルト選手。

ボルト選手はユニフォームの上からでも引き締まった体が分かるほど素晴らしい肉体を持っています。

 

ボルト選手はただ走っているわけではなく筋トレをしっかりと行っているんです。

もちろん、下半身から上半身まで全身をくまなくです。

 

基本は重りを使っていますが自重で行うことも多々あります。

 

ただ、マウンテンクライマーやレッグレイズを行って、大腰筋を中心に鍛えているような印象を受けます。

 

大腰筋は走るために一番重要とまで言われている筋肉なので、しっかりと鍛える必要があるんでしょうね。

 

ボルト選手のトレーニングの流れを観ることが出来るので素早く走れる体を手に入れたい場合は参考にしてみると良いかもしれません。

 

マウンテンクライマー

マウンテンクライマーとは有酸素運動と筋トレの効果を併せ持っている筋トレになります。

体幹を始め、腸腰筋なども鍛えることが期待できます。

 

後で紹介するボルト選手のトレーニング動画の1分10秒辺りでマウンテンクライマーの様子を確認することが出来るので確認して見てくださいね!

ポイントとして、リズミカル&ダイナミックに行うことです。

 

レッグレイズ

腹筋の中でも特に下腹部を中心に鍛えることが出来る筋トレです。

腹直筋と一緒に下腹部を鍛えることでかっこいいお腹周りを作ることが出来ます。

 

もちろん、運動パフォーマンスの向上も期待できて、運動に一番大切と言われている腸腰筋をダイレクトに鍛えることが出来ます。

 

ボルトの筋トレ動画

 

ダルビッシュ

野球のダルビッシュ選手は日ハム時代から比べると体がとても大きくなっていますが、肉体改造に取り組んだ結果ですよね。

肉体改造の結果、体重が10kgも増えたというから驚きです。

 

ダルビッシュ選手は様々な筋トレに取り組んでいて、その分こだわりもあります。

例えば、背中を鍛える時は腰へ負担を掛けすぎないように重りは使わず懸垂などで鍛えるそうです。

 

その中でも今回はディップスをご紹介します。

上半身のワークアウトで行うそうで実際に、ご自身で動画に投稿していました!

 

ディップス

ディップスは

  • 大胸筋
  • 腕周り

これらの筋肉をダイレクトに鍛えることが出来るんです。

腕立て伏せと似たような効果になりますが、腕立て伏せの場合は体重を腕だけで支えているわけではありません。

 

対してディップスの場合、体重を上半身のみで支えているので効果的に筋肉を鍛えることが出来るんです。

 

ダルビッシュの筋トレ動画

  1. アップとして自重で10回、軽い重りをつけて5回程行う
  2. メインは5回3セットで行える重さで行う

上半身はやや前傾させることがポイントです。

 

マニー・パッキャオ

プロボクサーのマニー・パッキャオ選手。

パッキャオ選手は打たれ強い体を作り上げるためにも日々激しいトレーニングをしていることで有名です。

 

ボクシングはボディが弱いと話になりません。

そのため、鋼のボディを作り上げるための腹筋トレーニングを行っています。

 

長時間戦い続けられる体にするためにもサーキットトレーニングで上半身を鍛えていました。

 

マニー・パッキャオの筋トレ動画

 

クリスティアーノ・ロナウド

 

サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手はプレイも凄いですが脱いでも凄い!

一体どんな筋トレをしたらあのような体になるんでしょうか・・・。

 

取り組んでいるメニューの一例がありました。

  • スクワット:150kg
  • レッグプレス:200kg
  • デッドリフト:200kg
  • ベンチプレス:100kg
  • クリーン:75kg
  • ショルダープレス:70kg
  • アームカール:30kg
  • トライセプスエクステンション:30kg
  • ラットプルダウン75kg

これらを各6回×4セット行うようです。

 

また、これらとは別に腹筋を毎日3000回行っているようです。(様々な腹筋を組み合わせて)

 

重さを使った筋トレは負荷が高い分、週に2回にしているとのこと。

回数を多くしない理由は筋肉を大きくしすぎないようにしつつ、筋出力を高めることが目的としていて、セット数を増やしているのは持久力を高めるためのようです。

 

ちなみに、クリスティアーナ・ロナウドといえば、シックスパッドが有名ですよね!?

当サイトでも実際にシックスパッドを使って鍛えているレビューを掲載するのでそちらも参考にどうぞ。

まとめ

今回はトップアスリートが取り組んでいる筋トレをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

どれも生半可なものではありませんが、この苦しさを乗り越えた先にこそ最強の体が待っているんでしょうね。

 

ただ、トップアスリートは自分の秘密を明かしていない人もいるわけで、影ではもっと過酷なトレーニングをしているとも考えられますよね。

こういったトレーニングは1日、2日という短期間だったら誰でも取り組めるかもしれませんが、継続してトレーニングを続けているというのが本当に凄いと思います。

 

トップアスリートのような体を手に入れるのは簡単なことではありませんが、あなたも高みを目指して日々トレーニングをしていたら近づけるかもしれませんね。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

よく聞く筋トレのオールアウトってなんなの!?

よく聞く筋トレのオールアウトってなんなの!?

【画像あり】EXILEみたいな腹筋になるトレーニング方法のやり方!

【画像あり】EXILEみたいな腹筋になるトレーニング方法のやり方!

【実録】中年男性の下腹部痩せの筋トレなら1週間トレーニングがおすすめ!

【実録】中年男性の下腹部痩せの筋トレなら1週間トレーニングがおすすめ!

【実録】太りすぎて横腹がブヨブヨ!筋トレでの効果的な引き締め方を試したみたらスゴかった

【実録】太りすぎて横腹がブヨブヨ!筋トレでの効果的な引き締め方を試したみたらスゴ...

【実録】ガリガリ体質が太りたいし筋肉つけるにはどうするべき!?

【実録】ガリガリ体質が太りたいし筋肉つけるにはどうするべき!?

筋トレで驚きのビフォーアフター画像15選!あの芸能人もこんな体だった・・・

筋トレで驚きのビフォーアフター画像15選!あの芸能人もこんな体だった・・・